FC2ブログ

税理士えのもとのひとりごと

税務・会計に関する情報を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

簡易課税制度の事業区分

質問.消費税の簡易課税制度を適用している課税事業者が、事業用の車両を売却(下取り)
    しました。その対価の額に係る事業区分はどれに該当しますか?

答え.事業用固定資産の売却に係る課税売上げの
    事業区分は、第四種事業となります。(消費税法基本通達13-2-9)

この場合(車両の売却)の対価の額を課税売上高の計上に含めますので、ご注意下さい。
また、事業区分の異なる複数の事業を営んでいる課税事業者が、一の種類の事業に係る
課税売上高が全体の75%以上を占めるかどうかを判定する場合は、非課税売上及び
免税売上を除くこととされています。(消費税法施行令57条3)   

スポンサーサイト

PageTop

被相続人の所得計算における固定資産税の取扱い

質問.事業用不動産を相続した場合、当該不動産に係る固定資産税は、
    全額が被相続人の必要経費になりますか?

答え.被相続人の所得計算における固定資産税の取扱いは次のとおりです。
    (所得税基本通達37-6)
    ○相続開始納税通知があった場合
     次のいずれかを選択して必要経費に算入できる。
     ①全額
     ②納期到来分
     ③納付済分
    ○相続開始納税通知があった場合
     相続開始時においては、納付すべきことが具体的に確定していないため、
     被相続人の必要経費に算入できません。

PageTop

専決処分による条例改正(東京都)

平成28年度税制改正で、外形標準課税適用法人の法人事業税率の見直しが行われ、
東京都や大阪府などの「超過税率」を採用する地方自治体も税条例の改正が行われます。

東京都のホームページを確認いたしました。
<法人事業税>
外形標準課税の対象法人について、平成28年4月1日以後に開始する事業年度に係る所得割の
税率を引き下げ、付加価値割及び資本割の税率を引き上げる。
標準税率の1.05倍相当の税率による超過課税を継続する。

(例) 税率(所得割については年800万円超の所得に係る税率)
         【平成27年度】   【平成28年度
所得割       6.3%        3.78%
           (3.4%)      (0.88%)
付加価値割   0.756%       1.26%
資本割      0.315%      0.525%
※括弧内は地方法人特別税を除く税率。
施行期日 平成28年4月1日

東京都は、昨年と同様、都知事の「専決処分」により都税条例案を成立・公布に
なりました。東京都主税局のホームページに「東京都都税条例の一部を改正する
条例(平成28年東京都条例第79号)」を平成28年3月31日に公布しました。と
あります。

PageTop

新制度―4月からこう変わる

平成28年3月29日に国会で「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が成立しました。
このため、平成28年4月1日から平成29年3月31日までの雇用保険料率は、
労働者負担は、1/1,000 事業主負担は、1.5/1,000引き下がります。

改正後は、労働者負担は、4/1,000(一般の事業) 事業主負担は、7/1,000(一般の事業)
となります。
【具体例】
基本給210,000円 家族手当10,000円 残業手当8,000円 通勤交通費12,000円
支給合計240,000円の会社員の方の場合。

改正前 240,000円×5/1,000(一般の事業)=1,200円←お給料から引かれる
改正後 240,000円×4/1,000(一般の事業)=  960円←お給料から引かれる

通勤交通費を含めないで計算している(お給料とは別に交通費を払う形など)事業者もある
ようなことを聞きますが、通勤交通費は雇用保険の計算の対象です。
4月分からの給料明細をよく確認しましょう。


○電力小売り全面自由化 一般家庭などで価格やサービスを比べて電力会社を自由に選べる
                  新規参入の電力小売り会社として政府に登録したのは
                  266社(3月25日時点)だそうです。
○かかりつけ薬局      6ヶ月以内に同じ薬局を利用したら、薬剤師の指導料が120円下がる
                  自己負担が3割の人なら40円程度安くなる。処方薬を記録した
                  「お薬手帳」を持参するのが条件だそうです。
○奨学金           卒業後の所得に応じて返還額が変わる「所得連動型奨学金」の
                 募集が順次始まる。

他にも、多子世帯の保育料の軽減、ゆうちょ銀行の貯金限度額が1,300万円に引き上げ 等々
税制以外にも暮らしに関わる制度が変るんですね。

PageTop

新年度の始まり

今日から新年度ですね。
新入学、新入社、転職や転勤など、新しい環境での生活が始まる方も
いらっしゃると思います。
日々新たな気持ちで、私も前進していきたいです。
IMG_1535.png

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。