FC2ブログ

税理士えのもとのひとりごと

税務・会計に関する情報を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

来年度から相続手続きを簡素化

法務省は、相続手続きを簡素化する「法定相続情報証明制度」(仮称)を来年5月頃からの導入
をすると発表した。
実務上、不動産の相続登記や被相続人の預金払い戻しをする際に、被相続人の戸籍謄本等の
大量の書類が必要となる。相続財産である不動産の管轄が異なる法務局ごとに、また被相続人
の口座がある金融機関ごとにそれぞれ提出する必要があり、相続人の負担となっている。
受け取る側の法務局や金融機関等でも戸籍謄本等による相続人の特定作業などに手間がかか
るという。
新制度では、最初に戸籍関係書類等の一式を法務局に提出することで、その後は法務局が発行
する1通の証明書(証明付き法定相続情報の写し)の提出で済むようになる。
相続が生じた際に、相続人にはまず法務局を訪問してもらうことで、所有者不明の不動産を解消
する手立てとなる相続登記を促すことが狙い。
法務省はパブリックコメントを実施した上で登記に関する規則を改正し、来年5月の運用開始を
目指す。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。