FC2ブログ

税理士えのもとのひとりごと

税務・会計に関する情報を中心に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

簡単に言うと、来年(平成29年)から風邪で内服した「ベンザブロックIP」や花粉症で内服した
「コンタック鼻炎Z」、腰痛のために貼った「サロンパスEX」とかの購入費用が、節税の対象に
なります。(製薬会社の回し者ではございません。m(_ _)m 薬の例示を挙げただけです。)


↓厚生労働省のHPの中に、対象品目が記載されています。
セルフメディケーション税制について

特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん検診を受けている人が、
市販薬(対象品目に限る)の購入費用(生計を一にしている家族・親族が購入した分
も含む)が年間1万2千円を超えたら、確定申告することで所得税・住民税が安くなります。
ドラッグストアーや薬局のレシートはしっかり取っておきましょう。


適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、
健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組(※1)を行う個人が、
平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一にする配偶者
その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品(※2)の購入の対価を支払った場合において、
その年中に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の
金額(その金額が8万8千円を超える場合には、8万8千円)について、その年分の総所得金額等
から控除する。
(※1)特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診
(※2)要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品
(類似の医療用医薬品が医療保険給付の対象外のものを除く。)
本特例の適用を受ける場合には、現行の医療費控除の適用を受けることができない。

【例】セルフメディケーション税制の対象となる市販薬の購入費用が年間4万5千円であった場合
   4万5千円-1万2千円=3万3千円が、所得控除となり、
   所得税の税率が10%の人は、3万3千円×10%=3,300円が、確定申告をすることに
   より、所得税が減税または還付されます。翌年分の住民税は、3万3千円×10%=3,300
   円減税されます。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。